メインイメージ画像

コンタクトレンズには遠近両用タイプもあります

私たち人間は遠くや近くを見るとき、毛様体筋という筋肉を使って水晶体の厚みを変えてピントを調節しています。見る対象のものとの距離によって、脳が判断し自動的に焦点を変更して、自動にピントが合うカメラのオートフォーカスのような働きをしています。しかし、加齢によって、毛様体筋の筋力と水晶体の弾力が低下してしまいます。このことによって水晶体の厚さを変えることが難しくなってしまい、ピントが合いにくくなり、近くの物が見づらくなってしまいます。これがいわゆる老眼です。近くのものが見づらいので、例えば細かい文字を読むとき、逆に目から対象のものを遠ざけてみると見えるようになります。早い人では30代、一般的に40代から徐々に近くのものが見えづらくなっていきます。

自分の老眼が始まっているということを認めたくない方や、老眼鏡に抵抗をもっている方が、老眼が始まっているというにも拘らず、手元を見るときにピントを無理に合わせようとすると、副交感神経が刺激されて血流の低下につながってしまいます。その結果、目に疲労物質が溜まり、肩の筋肉の温度も低下し、肩こりや眼精疲労、さらには頭痛や吐き気につながることもあります。目の異常が全身の疲れや異常、さらにはストレスにもなってしまいます。以前よりも目が疲れやすくなり、食事中や何かを読むときに何気なく眼鏡を外しているなどの経験がある方は、コンタクトレンズや眼鏡での調整が必要になっているかもしれません。

image

普段コンタクトレンズや眼鏡を使用している近視の人は、もともとピントが手前に合っているので、裸眼では手元が見えます。しかし年齢を重ねると、徐々に手元がよく見える距離は遠ざかっていきます。近視の人は症状が現れるのが緩やかなだけであって、加齢によって次第に手元が見えづらくなるのは変わりません。そのような症状が現れた場合は眼科医の診察を受け、遠近両用の眼鏡、もしくはコンタクトレンズを装用することになります。

遠近両用のコンタクトレンズは、あまりなじみがないかもしれませんが、仕組みは次のとおりです。1枚のコンタクトレンズに遠くを見るための度数と、近くを見るための度数が入っていて、遠くも近くも見えるようになります。遠近両用のメガネとの大きな違いは、目線を変えなくていいところです。遠近両用のコンタクトレンズは脳の同時視という仕組みを利用し、見たい物にピントを合わせるので、眼鏡のように目線を切り替えなくても良いのです。同時視というのは、例えばバックネットの裏で野球観戦をしている場合、試合を見ているとあまりネットは気にならないし、逆にネットを気にしていたら試合をみることをできません。見たいものだけが見えて、見たくないものは自然に脳が消去して認識するのです。一方、眼鏡の場合、コンタクトレンズの上部が遠くを見るための度数、下部が近くを見るための度数となっています。そのため、遠くを見る場合はまっすぐ前を向き、近くのものを見る場合は目だけを下に向ける必要があります。コンタクトレンズの場合は、同じ目線で見ることができるのです。ただし、遠近両用のコンタクトレンズを装用しても、見え方には個人差があります。医師の指導の下、さまざまな商品を試してみて、それぞれにあった商品を選ぶとよいでしょう。遠近両用のコンタクトレンズも、通常のコンタクトレンズとケア方法など変わりはありませんが、こちらも高度管理医療機器ですので、医師の処方に基づいて、商品の添付文書をよく読み、正しく使用する必要があります。また、少しでも異常を感じた場合には医師の診察を受ける必要があります。快適に見える生活というものは、ストレスや疲れから解放して、私たちの生活を豊かにすることができます。加齢に伴う老眼というものは、誰もが避けられない辛い症状ですが、早くその症状に気付き、適切な診断を受け、自分にあった矯正方法を選び、うまく付き合っていけたらよいと思います。

更新情報