メインイメージ画像

コンタクトレンズは遠近両用など用途に合った物を使用しましょう

コンタクトレンズにはさまざまな種類のものがあります。レンズの種類としては、ハードレンズとソフトレンズがあります。ソフトには使用期間が決められており、1日使い捨てタイプや2週間タイプや1カ月タイプなどの種類があります。そして、度ありのものと度なしのものがあります。近視用レンズ、乱視用レンズ、遠近両用レンズ、瞳の色を変えるカラーレンズ、瞳を大きく見せることができるサークルレンズなどがあるのでそれぞれの用途に合ったものを選ぶことができます。

image



使用期間が決められているソフトレンズを使用する際には、その使用期間を必ず守りましょう。決められている期間を守らずに使用し続けることで角膜を傷つけてしまったり炎症を起こしてしまったりして目の健康を害するリスクがあるからです。そして、2週間タイプのものや1カ月タイプのものは毎日のレンズケアが重要になります。使用後は専用の洗浄液でレンズの汚れをしっかりと洗い落とし衛生的に保存するということを意識しましょう。

さまざまな種類のコンタクトレンズがありますが、その中でも今注目を集めているのが遠近両用レンズです。

一般的には40代から老眼が始まり、それまで使用していたコンタクトレンズが合わなくなることがあります。遠くのものを見るときと近くのものを見るときのピントが合わずに見えにくくなる状態です。それを回避できるのが遠近両用レンズです。遠近両用レンズを取り扱うメーカーも増えてきており、手軽に入手できるようになりました。

コンタクトレンズは医療機器ですので、目の健康を意識して正しく使用する必要があります。

そのためには、ソフトレンズの使用期間を守ることやレンズケアをきちんと行うことが大切です。それと同時に、定期的に眼科を受診するということも重要なことです。視力は環境によって変動することがありますので、視力検査をして最新の情報を把握しておくことが大切です。サイズや度数の合わないものを使用し続けていると眼精疲労や眼病につながる危険もありますので、自分に合ったつけ心地の良いものを正しく使用することを心がけましょう。

更新情報